理事長所信

【はじめに】

 我々が最も頻繁に使用する言葉のひとつに「目的」があります。何の為にそれをやるのか。目的が明確になっていることで、どんな場面であっても無駄な行動は一つも無くなり、全ての運動・活動にその意義を見出すことが出来ます。私は青年会議所を通じて目的意識を持つという習慣を手に入れ、人としての器を磨くことが出来ました。
 青年会議所で活動することは、誰も強制していません。自分の決断で会員になり、いまも会員であり続ける貴方自身。その貴方がこの団体の会員である目的は一体何なのでしょうか。会社を良くしたい、家族を良くしたい、自分が良くなりたい、仲間が欲しい、等々。何を目的としてもいい団体だからこそ、その目的意識を明確に持って欲しいと思います。世の中には多くの価値観があり、青年会議所には特定の決まったあるべき形は存在しません。ただ、一つだけ正しい事が言えるとすれば、貴重な時間を使って活動しているからには、必ず何かを得て、必ず何かに活かさなければいけないということだけです。
 そして、全メンバーが青年会議所の活動・運動に楽しさを感じ有意義なものとして捉えることがとても重要です。
 本年は、栃木青年会議所の価値向上を実現する為、メンバーには常に目的意識を強く持ち、いま、何をすべきかを考える、そして互いに心からの励ましを届け楽しく切磋琢磨し合う、そんな基本姿勢を問い続けます。
 時は令和、世界は持続可能な形に変化しています。我々が今日まで地域に存在し続けられていることは「結果として変化をしていた」からです。様々な利害関係の中での見えざる意思により、既にそして確実に進行しているこの変化を、いかに自らの意思の基に手懐けていけるかが肝要です。他を知って自らを知り、地域も知る。そこから明るい豊かな未来を描き、目的意識をもって運動展開する。地域と我々、双方の持続可能な未来を模索し続 けることが街づくり団体としての栃木青年会議所の目指すべき姿です。

 街づくりは人づくり。
 本当にその事業を実施する必要があるのか。
 誰とパートナーシップを組んで運動展開すべきなのか。

 貴方は何の為に貴重な人生の時間を、青年会議所運動や生業に使っているのか。
 青年会議所活動を通じて、メンバーが自らの生を受けた目的に気づく瞬間を迎えることが、会員同士の本気の議論に火を点け、ひいては栃木市・壬生町の明るい豊かな社会の実現に向けての推進力となることを信じています。

【独自のアカデミー研修プログラムの確立】

 栃木青年会議所は新入会員へ向けた体系的な研修の仕組みを構築すべき時機を迎えました。現状の研修制度はOJTとなっており、実地で説明しながらトレーニングをするという状況です。これでは指導するメンバーの力量によって内容のバラつきが出てしまい、体系的な学びを得ることが出来ません。青年会議所の平均在籍年数が約4年と短くなるなか、学びに重きを置くことで、卒業までの成長は大きく変化していきます。学ぶとは即ち時間短縮です。まず学び、その後に体験を通して追認していくことで、各自に残された現役メンバーとしての在籍期間を濃縮して過ごすことが出来ます。本年度は体系的な知識を学ぶことを目的とした、メンバーによるメンバーの為の研修資料として、アカデミーバイブルを作成・運用し、アカデミーメンバーがよりスムーズに青年会議所の運動に邁進出来るような土台作りを行います。

【増やし仲間にする会員拡大】

 拡大とは、相手に伝えた青年会議所の価値が、引き換えとなる個人のお金や時間以上のものであると判断された時に成功します。本年度は全ての会員に対して、各自の入会目的に合わせた提供価値の最大化を目的とします。
 近年は長期間仮入会員のままのメンバー、或いは青年会議所に目的を見出せず退会してしまうメンバーも散見されています。増やす拡大(仮入会者増)、仲間にする拡大(正会員化・出席率向上・退会者減少)の2つの軸で会員の拡大増強を行います。
 増やす拡大については、青年会議所の価値は百聞は一見に如かず。常にパートナーシップを意識しながら行動します。仲間にする拡大については、担当事業について、役職者は心からの励ましをもってメンバーと接し、必ず全員に役割実感・達成実感・成長実感を与えます。

【持続可能なまちづくり〜栃木地域のSDGs元年〜】

 私は、1年前から、毎朝自宅でコーヒーを淹れ、マイボトルを持ち歩くようになりました。過去に何度も挫折していたこの習慣をいまも継続しています。これは、SDGsの推進に寄与するという意識、そしてカラーバス効果によるものと考えています。皆さんも、自分が欲しいと思っている車がよく街中を走っているような感覚を持つことはありませんか?人間は、ある一つのことを意識することで、それに関する情報が無意識に自分の手元にたくさん集まるようになる、という特徴を持っています。
 マイボトル持参がペットボトル飲料を買わないという習慣に繋がり、自分の意識を海洋プラスチックゴミ問題のニュースへと引きつけるようになりました。こうなると、世界規模であり自分とはとても遠いものであった海洋プラスチックゴミの問題が、自分ごととして身近なものと捉えられるようになります。少しだけ、しかし確実に、意識の変革が起きたことを実感しました。更に、SDGsの各ゴールナンバーを深掘りしていくと、技術革新や気候変動、働き方改革など、企業や地方自治体に新たな価値創出を促し、その結果ビジネスチャンスも広がる可能性があることに気付かされました。もはやこれからの時代はSDGsに逆行すると発生するコストが、SDGsに取り組むと発生するコストよりも大きくなる時代となることは明白です。マイボトルを持つような小さなことから、もしくは会社案内や自社のWEBサイトにSDGsロゴを掲載するようなところから、日々の行動にSDGsを取り入れていきましょう。

 持続可能な街をつくるのは、持続可能な市民です。青年会議所が意識変革団体であるならば、地域市民にもこのような意識変革の機会を提供すべきです。まずは、メンバー内でそれぞれのゴールナンバーへ向けた議論を深めるところから始め、栃木地域のSDGs情報 が集まるプラットフォームを然るべきパートナーシップと共に設置します。栃木市・壬生町においてSDGsの認知度を向上させることを目的に運動を推進してまいります。

【生業に活かせる資質向上研修】

 我々にとって個人の資質向上は不可欠です。それは、個人の成長が自社の成長に繋がり、ひいては地域の発展に繋がるからです。メンバー数が100名を超えた現状、メンバー所 属企業の規模やステージ、業界の置かれた状況などは様々です。従って、青年会議所に求められる資質向上ニーズも様々です。
 本年度は各人の生業に活かせる資質向上を目的として、青年会議所のスケールメリットを活かし、多彩な地域の企業視察や成功事例の共有、外部講師を招いてのビジネス研修を実施します。
 また、メンバーの所属企業には多種多様なビジネスモデルが存在しています。それらを掛け合わせてパートナーシップの基に新しい価値を創造していくこともSDGsの推進及び、生業の発展に繋がります。メンバー間のビジネスパートナーシップも同時に推進して参ります。

【常に備える防災意識】

 2015年9月の関東・東北豪雨では、私の会社が商品倉庫として借りていた物件が被災しました。その時私が取った行動は、1階にある商品を全て2階に移動し、自分は2階に泊まって商品を守る、ということでした。いま冷静になってこの行動を振り返ると、自分がいかに自力避難困難者になる可能性があったのか、恐ろしくなります。
 当事者になると冷静な判断は一切出来なくなります。SDGsの観点から、誰一人取り残さない地域防災の姿の確立を目的とします。もしも栃木市・壬生町に想定以上の大規模災害が発災してしまったら、いったいどんなことが起きるのか、その時我々はどんな行動を取るべきなのか、事前にメンバー間で確認・点検しあらゆるシミュレーションを行っておくこと、また、緊急時のパートナーシップと連絡体制、日頃からの防災訓練、他所で大規 模災害があったときにどう動くのか、事前に備えておくことも重要です。

【異文化理解と多文化共生】

 改正入管法施行で外国人労働者が増加しています。新しい在留資格「特定技能」は、これまでの実習生とは異なり職場移動が自由です。そのため最低賃金の高い大都市圏への外国人流出も懸念事項となり得ます。つまり「最近外国人が増えてきたよね」と私たちがなんとなく発言しているうちに、その外国人で本当に技能を持った方々は、もはや栃木に興味を持たくなってしまう懸念があるのです。すでに栃木市・壬生町のような地方では、外国人の地域への引き留めを行う必要があるのです。
 外国人が住みやすい街に必要な要素をまとめた日経新聞の調査によると、日本人との交流拡大を挙げる回答が多いそうです。あなたは、外国人の友達が住んでいる国と戦争をしたいと思いますか。世界の情勢がどんなに変化したとしても、人対人はいくらでも仲良くなれると信じています。多文化共生が当たり前の地域となることを目的とし、地方としてグローバルな視点を持ち、地域に住み暮らす外国人との交流を通じて異文化理解を深めます。

 
【文化・芸術の力による青少年育成】

 栃木市・壬生町には文化・芸術団体が数多く存在しています。私が幼かった頃、よく両親に舞台観劇に連れて行ってもらいました。生の舞台では役者の呼吸や空気感を感じ、心を動かされる経験をしました。青春時代も演劇に没頭し、最高の仲間と作り上げた最高の舞台芸術、最高のチームは、いまも自己重要感を支える心の拠り所です。生まれ育った街で人格形成に関わる重要な経験をしている子供は、将来的にもその街に戻りたいと考える傾向が強いそうです。また、大人になって移り住んだ街で人生が変わる経験をした人はその地を第二の故郷として愛着を持つようです。
 これらを目的として、文化・芸術の力を用いて、子どもたちに「人生が変わる瞬間」を経験して欲しいと思います。

【広報活動のプロフェッショナルへ】

「SNSでの発信を行います。」青年会議所の議案でこのフレーズを何度見たことでしょう。その反面、SNSによる本当に効果の高い広報を行っている事例を目にすることは稀です。いくら良いことを行っていたとしても、それを世の中に発信していない限りは、その事業の効果は限定的になってしまいます。受け手にとってどういった情報が有益であるか、また、我々の活動をどのように認識してもらいたいか明確に広報の目的を定めます。そのうえで広報を担当する委員会は、1年をかけて広報のプロフェッショナルを目指します。新聞や各広報誌、テレビやラジオ、広告、SNS、DMや回覧板、プレスリリース等、固定観念に囚われず様々な手法を吟味し、効果的な広報計画を立案し、広報活動を行 ってまいります。

【会議体としての強さをレベルアップさせる】

 人間とは、完全な自由よりも決められたルールの中のほうがより創造性を発揮することが出来る生き物です。ゲームが楽しいのはルールがあるからです。青年会議所にもルールと呼ばれるものが存在しています。定款の正しい運用から、ロバート議事法による会議進行、100名以上が集う法人としての正しい財政規則審査、まちづくりを推進する地域社会の一員としてのコンプライアンス審査など、会議体としての強さをより一層レベルアップさせます。また同時に人で戦わず意見を戦わせる会議体を目指します。まずは、これまで蓄積された知識・経験を振り返り青年会議所のルールに関するあらゆる暗黙知を周辺知 識も含めて形式知に変換し、マニュアル作成・運用します。そして、議案上程時にはしっかりとした財政規則コンプライアンス審査を行います。また、メンバーがより活動の中身に集中出来るよう、議案提出や出欠取りまとめはシステム化を検討してまいります。

【ACF-アクティブシチズンフレームワークの活用】

 ACFとは、アクティブシチズンフレームワークの略で、国際青年会議所が掲げる世界共通の事業構築手法です。世界基準としては、このACFのサイクルを回すことそのものが、青年会議所運動であると捉えられています。パートナーシップを土台とした「分析・展開・実行・検証」の4つのサイクルを回すこと。このサイクルを回して行かない限り、青年会議所の事業は「何かのきっかけになるかもしれない」ものを越えることは出来ません。
 ボウリングではセンターピンを倒せば必然的に周囲のピンも倒れます。青年会議所の事業も同じです。事業ごとにペルソナを設定し、そこに寄り添えば寄り添うほど大きな効果を生み出せる状態を目指します。また、評価されるべき事業の事例研究と共有を行い事業構築のあるべき姿を学びます。そして、各委員会は職務分掌における重要課題の分析について、現場・現物・現人にあたることからACFのサイクルを回し始めます。

【継続事業についての考え方】

「JCって、あの○○やっている団体だよね?」市民からそう言われることこそがブランディングが出来ている証です。そのためには、一度作ったコンテンツを、できるだけ多くの人に、できるだけ長期間に渡って伝え続けていくこと、つまり同じことを地味に続けることが必要です。本年度は継続事業への考え方として、どれだけ市民に必要とされている事業であるかを重視します。日本にある老舗ブランドを鑑みても、見せ方やかたちは時代に合わせて変わりますが、事業の核や創始の精神は変わっていません。我々が行う運動発信についても、年度に合わせて事業目的は変化しますが、事業の核を変える必要はありません。重要なことは単年度制でありながらも非連続をしっかりと意義あるものとして連続させていくことです。地域に認知され、期待され、確かに2020年度にも行うべき目的を見いだせるものについては、自信をもって継続事業の舵取りを行います。

【出向や諸大会への出席は自分の世界を広げる鍵】

 私たちは青年会議所の全体像について、実はほとんどのことを未だ知りません。その証拠として、全国694の地域に約3万人ものメンバーが存在しているにも関わらず、その多くの人々と会ったことがないという事実があります。出向や諸会議への出席を通して「こんな人がいた!」「こんな世界があった!」「こんなことも学べた!」というある種の衝撃を受けることは、凝り固まった自分の世界を一気に広げる鍵となります。
 青年会議所以外に、こんなにも多くの青年が真摯に日本の未来を考えて運動展開している団体はありません。今の日本の行くべき道を知り、それをいかに地域に持ち帰るのかを強く意識しながら、多くのメンバーで出向をし、また、諸大会にも足を運びましょう。
 出向者はLOMの活動があっての出向制度と常に肝に銘じるべきものです。理事会等での出向者報告は出向者の責務であり、また、出向者の設営する事業への出席もLOMの責務です。LOMは出向者に、出向者はLOMに、互いに興味関心を持ちながら、それぞれの世界を広げていきましょう。

【おわりに】

 浴槽の中の水は、手と腕を使って大きく外に押し出すことで、その後大きな跳ね返りとなって自分のところに戻って来ます。青年会議所で言う「貸し借り」もこれと同じです。ま ず自分が出来ることを他のメンバーへ向けて提供すると、少し時間を置いて、必ずや沢山の励まし・学び・体験・気づきが押し寄せて返ってくるのです。

 つまり、与える人こそが、与えられるのです。

 この地域が明るい豊かな社会となる為の確かな一助となるよう、やるべきこと全てに明確な目的を設定し検証可能な効果を求め、掲げたビジョンの実現に向けた確かなステップが踏まれたかどうかを検証していく、その過程で互いが楽しみながら、自然に心から励ましあえる、そんな一年にしましょう。

 関わる全てのメンバーの長所を伸ばし、やりがいを提供し、ふとした瞬間、各自が自らの人生の目的に気づくこと。問いかけを通じて、そんな導きが出来るよう一年間邁進してまいります。